スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すぬおの日記 (番外編 その3)

マカロン事件
                                     すぬお作

レナはマカロンが大好き。ママのお供で行ったケーキ屋で初めて食べたときから、一瞬で好きになりました。マカロンにはたくさんの種類があります。赤い色をしたフランボワーズや、黄色のレモン、それに緑色をしたピスターシュ。でもレナが一番好きなのは、やっぱり茶色のチョコレートマカロン。甘くて、ちょっぴり苦くて最高です。

「レナ、おかえり」
「ただいま」
「きょうのおやつは、マカロン堂で買ってきたビッグチョコレートマカロンよ」
「えっ、本当? うれしい!」
マカロン堂は、最近レナの家の近くにできたマカロンの専門店。たくさんの種類のマカロンがきれいにショーケースに並んでいます。どれもとっても美味しくて、さらにうれしいのは、それぞれのマカロンにドラ焼きほどの大きさのビッグサイズがあることです。マカロンは大好きだけどすぐに食べ終わってしまうので、もう少し大きなマカロンが売っていないかなあ、といつも思っていたレナにはぴったりです。
テーブルの上のお皿には、半分ほどナプキンがかかった茶色のマカロンが見えています。
「わあい、マカロン、マカロン」
「レナ、手洗いとうがいは終わった?」
洗面所からママの声が聞こえて来ました。
「はあい」
レナは急いで洗面台へ行き、ママの隣で手洗いとうがいを済ませると、ママと一緒にリビングへ帰って来ました。
「さあ、食べよう」
椅子に座ってお皿をみると、ナプキンは見当たりません。そしてマカロンを見た瞬間、レナは大きな声で叫んでしまいました。
「誰かが私のマカロンかじってる!」 
マカロンにはくっきりと一口かんだ歯形がついていました。
「どこかでこの歯形、見たことがあるような気がする。そうだ、同じ歯形を見つければ、きっと私の大事なマカロンを食べた犯人がわかるはずだわ」
レナはマカロンの上に残された歯形をしっかりと覚えて、手には板ガムを持って犯人探しに出かけることにしました。

まずは家で飼っている犬のオニオン。
「ねえオニオン、私のマカロン食べなかった?」
「ううん、食べてない」
「それじゃ、ここをかんで歯形をつけて」
レナはポケットから板ガムを出しました。
「がぶっ」
「ううん、ちょっと違うみたい」
犯人はオニオンではないようです。

次は近所の満月池のぬしの亀吉さん。
「ねえ亀吉さん、私のマカロン食べなかった?」
「いいや、食べとらん」
「それじゃ、ここをかんで歯形をつけて」
レナはポケットから板ガムを出しました。
「がぶっ」
「ううん、ちょっと違うみたい」
犯人は亀吉さんでもないようです。

じゃその次は、ねこ王国のフェルディナンド大王さま。
「ねえ大王さま、私のマカロン食べなかった?」
「わしは食べてはおらんぞ」
「それじゃ、ここをかんで歯形をつけて」
レナはポケットから板ガムを出しました。
「がぶっ」
「ううん、ちょっと違うみたい」
犯人は大王さまでもないようです。

最後は、いたずらカラスの虎太郎。
「ねえ虎太郎、私のマカロン食べなかった?」
「ううん、食べてない」
「それじゃ、ここをかんで歯形をつけて」
レナはポケットから板ガムを出しました。
「がぶっ」
「ううん、ちょっと違うみたい」
犯人は虎太郎でもないようです。

レナはガムについた歯形をもう一度全部確かめましたが、マカロンについていた歯形とは違っています。
「いったい誰が、私のマカロンを食べたのだかしら?」
レナは家へ帰ることにしました。

「おかえり、レナ。どこへ行っていたの?」
「うん、ちょっと」
「大好きなビッグチョコレートマカロンを出そうと思ったら、もういないんですもの」
「えっ!」
お母さんの手には、真っ白いお皿にのった大きな茶色のマカロンがありました。
「それじゃ、あのかじったあとがあるビッグマカロンは?」
「ああ、あれはお母さんお食べかけのコーヒーマカロンよ」
お母さんは笑いながら答えました。
「あんまり美味しそうだったので、味見にひと口かじったときにちょうどレナが帰って来たの」
「うん」
「レナと一緒に食べようと思って、かじった所にナプキンをかぶせて洗面台に行ったんだけど、帰って来たときにはナプキンは風で飛んでしまってたみたい」
「ええっ」
「そのあと、チョコレートマカロンを冷蔵庫に取りに行って帰ってきたら、レナもういないんですもの」
「そうか、どこかで見たことがあると思ったら、あれはママの歯形だったんだ」 
レナは心の中で言いました。そして、みんなを疑ったしまって、悪いことをしたなと思いました。
「オニオン、亀吉さん、大王さま、それに虎太郎、ごめんなさい」
「さあ、食べましょう。ミルクも入れたわ」
「はあい」
レナは大きく口をあけてビッグチョコレートマカロンをかじりました。
「やっぱり、おいしい」
マカロンにはレナの歯形が大きく残っています。
「そうだこれから、みんなに残りの半分を持ってあやまりに行こう」
レナは立ち上がると、大事そうにマカロンを袋に入れて、オニオン、亀吉さん、大王さま、虎太郎のところへ出かけて行きました。

                                                                おしまい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魔笛

Author:魔笛
大好きなものを綴った日記です

映画:ハリウッド映画からピンク映画まで
本:ジャンルを問わず小説が中心
食べ物:フランス料理とイタリア料理が好物
旅行:なかなか行けませんが欧州とアジアが好き

大好きなものを語る場合、時として辛口になることもありますが、愛情の裏返しということでご容赦下さい。また文中敬称略であることもご勘弁願います

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。