スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お餅が焼けだでえ

「お餅が焼けました」を土佐弁で言うこの言葉は、私の家だけかもしれないが正月以外でも一年中耳にしたように記憶している。日曜市を歩いていると、多種の美味しそうな餅が売られている。スタンダードな白い餅、黒砂糖の入った餅、豆の入った餅、ヨモギの入った餅、きびの入った餅。あんこの入った丸餅も色とりどりだ。これはそのまま食べても美味しいが、焼くとまた別の美味しさがある。そして時々は、かき餅も加わる。高知は餅天国である。

買って来た餅は、包丁で切って焼いて食べるのであるが、亡くなった母は豆の餅が、亡くなった父は黒砂糖の餅がお気に入りであった。私は白い餅を焼いて砂糖を付けて食べるのが大好きであった。この食べ方、高知ではごく普通であると思うのであるが、関東では奇異に映るらしく妻や子供たちには訝しがられる。食習慣の差であるので何とも言えないが、私は逆に餅に醤油を付けて食べるということが出来ない。

餅について小さかったころのもう一つの楽しかった思い出は、「餅投げ」である。どこかで新しい家が建ち始めるとそわそわする。どこから伝わってくるのか、いつ「餅投げ」が行われるかの情報は、あっという間に小学校の教室で広まる。その日は学校が終わると皆、いそいそと集まり、「餅投げ」の家へと一緒に歩いていく。そこにはすでに大人たちもいて「餅投げ」が始まる瞬間を待っている。私の家は「餅投げ」をしなかった。小さな家で大きな庭もなく、すぐ前は狭い道路という理由もあったのかもしれないが、一度は屋根に登って自分でも餅を投げてみたいと思っていただけに残念ではあった。

わらび餅も私にとっては餅である。子供の頃屋台を引いて売りに来ていたわらび餅。きな粉か砂糖を選ぶと、小さな丸いわらびもち餅がその中へ転がり落ちて、網で掬い取られて爪楊枝が添えられて手渡される。このわらび餅しか知らないために、四角に切ったもの、黒蜜をかけること、爪楊枝以外で食べること、全てに違和感を覚えてしまう。高知市内ではわらび餅の移動販売を見かけることがほとんど無くなってしまった。高知のわらび餅は私にとって唯一無二のものであり、鎌倉の有名なわらび餅でも、あるいはどんなに美味しい葛餅でも、取って代わることは出来ない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

「黒砂糖の入った餅」というのは出くわしたことがないですね。
それから、「砂糖をつけて食べる」というのも経験がないです。
ウチの田舎では、砂糖醤油というのがポピュラーだったかと。
確かに高知は、お餅天国かも。

新築の建てまえの「餅投げ」、僕もよく拾いに行きました!
この話のポイントは、
> どこから伝わってくるのか、いつ「餅投げ」が行われるかの情報は、
> あっという間に小学校の教室で広まる。
↑ココですよね。

わらび餅にいたっては、ウチの田舎では見たことがありませんでした。
あれは、ウチの実家では食べないだけだったのなあ?
移動販売、風情があっていいですねー。

Re: こんにちは

> つかりこ様

高知では刺身や寿司につける醤油にも砂糖が入っています。その昔、砂糖がとても貴重だったため、もてなしの意味も込めて砂糖を多く使うという説を聞いたことがあります。黒砂糖入の餅、意外と美味しいですよ。高知に来ることがありましたら、是非日曜市で買ってみて下さい。

都心ではマンションばかりで「餅投げ」は見なくなりました。もう一度くらい、拾いに行きたいものです。

これからもよろしくお願いいたします。

No title

江戸では角餅とお供えの丸餅を菓子舗に注文しました.
大晦日は家の主が届いた角餅を切り分けます.
雑煮は鰹だしのすまし汁にカシワと小松菜,なると,三つ葉に焼いた角餅です.
後は正月の間,専ら海苔と醤油でいそべ巻き,丸餅は鏡開きしてお汁粉でした.
残った角餅は水餅です.
さてさて,魔笛さん.葛餅は川崎ではなく,亀戸天神脇のヤツをお試しください.

Re: No title

> 江奈♂様

コメントありがとうございます。江戸、東京とは餅の食べ方も随分と違っており、たいへん興味深いです。何か高知では一年中、餅を食べていたような気がします。

実は二年ほど亀戸に住んでいたことがあり、時には天神さんへ散歩がてら行っていました。もちろんその横にも。葛餅について先入観を持っていたことは間違いありませんので、今度亀戸へ行った時は、まっさらな気持ちで食べてみたいと思います。

これからもよろしくお願いいたします。
プロフィール

魔笛

Author:魔笛
大好きなものを綴った日記です

映画:ハリウッド映画からピンク映画まで
本:ジャンルを問わず小説が中心
食べ物:フランス料理とイタリア料理が好物
旅行:なかなか行けませんが欧州とアジアが好き

大好きなものを語る場合、時として辛口になることもありますが、愛情の裏返しということでご容赦下さい。また文中敬称略であることもご勘弁願います

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。