スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名城と合戦の日本史 小和田哲男 (新潮文庫)

私はまだこの本を全部読んでいない。約三分の二を終えたところで小学生の息子に取られてしまったからだ。読みかけという状態はなんとも落ち着かないので、早く返して欲しいとしきりに言ってはいるが、いっこうに戻ってくる気配がない。

学校の友達の影響でいきなり戦国武将にはまった息子にせがまれて、ゴールデンウィークは愛知へ城廻りに行った。息子とは初めての二人旅だった。どこで覚えたのかまずは現存十二天守の城が見たいと言った息子は、名古屋城や清洲城には大した興味は示さなかったが、犬山城に着いた時は小雨をものともせずに、坂道をぐんぐん登って行って大興奮であった。やや小ぶりではあるものの、木曽川の横に立つ犬山城は素晴らしい城であり、私も息子と一緒に楽しんだ。

シルバーウィークは徳川家のお墓参りをしたいということで、今度も二人で増上寺、上野寛永寺、そして谷中霊園と廻った。なぜか二代将軍の秀忠がポイントだったらしく、いろいろと早口で説明をしてくれるのであるが、私の歴史の知識が全くついて行っていない。朝早くから一日中引きずり回されて疲れた私にとってのこの日の収穫は、遠くて行くことができなかった谷中霊園横の「パティシエ イナムラショウゾウ」に初めて訪問できたことであった。

こんなに早く一冊の文庫本をリアルタイムで息子と共有する時間が来るとは思ってもいなかった。天守が残る城だけでなく城址にも関心を移している息子からは、次は八王子城跡へ行こうとせがまれている。試しに聞いてみると小田原城攻めのことも含めてすらすらと固有名詞が返って来る。だが城跡への道は、写真で見ると相当急な山道だ。私の体力がもつかどうか自信がない。暖かくなったらね、と気候を理由に先延ばしを図っているが催促は止まらない。なんとかごまかしてはいるが、心の中ではうれしくて笑っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コンクリートの名城や清州城より犬山城,さらには八王子城跡とは!!ご子息,あっぱれな本物志向!!ここは八王子城登山を決意するしかないですね(;^_^A
舌を噛みそうなフランス語の洋菓子店名かと思いきや,ゆっくり発音すると…ん?稲村さん(笑)

Re: No title

> 江奈♂様

コメントありがとうございます。小学生も学年が上がってくると友達との付き合い含めてなかなか忙しくなるでしょうから、親と遊んでくれるのもせいぜいあと1年間くらいかなと思っています。それを考えると体力的にはきついですが、頑張るしかないと覚悟を決めました。

はい、稲村です。ホテル西洋銀座でシェフパティシエをしていた時は何度か買っていましたが、独立してからは遠いためもあって足が遠のいていました。こころなしか西洋銀座時代よりも美味しく思えました。

これからもよろしくお願いいたします。

No title

日野市に10年近く住んでいたというのに、
八王子城址へは行ったことがないんです。
本丸は失われていますし、緑ばかりらしいですが
日本の100名城の22番にも入っている、
“本物系“ の山城のひとつみたいですね。

まわりのいろいろには行ったことがあります。
多摩御陵はすぐ隣ですし、陣馬山や高尾山、
相模湖なども近辺です。
いずれにしても、ちょっとした山登りを覚悟しなくちゃですね。(笑)

息子さんのご成長がうれしいですよね。
「いまより若くはなれない」
これは、体力絞り出してぜひ一緒に行かなくちゃですねー。

Re: No title

> つかりこ様

おっしゃる通り、「今」が最適の時かもしれません。体力的にも、一緒に遊んでくれる時間的にも。覚悟は決めましたが、八王子のあと、いったい幾つの城に付き合わされるのでしょう。

これからもよろしくお願いいたします。
プロフィール

魔笛

Author:魔笛
大好きなものを綴った日記です

映画:ハリウッド映画からピンク映画まで
本:ジャンルを問わず小説が中心
食べ物:フランス料理とイタリア料理が好物
旅行:なかなか行けませんが欧州とアジアが好き

大好きなものを語る場合、時として辛口になることもありますが、愛情の裏返しということでご容赦下さい。また文中敬称略であることもご勘弁願います

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。