スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.5x2>2.0x1という簡単な算数をもう一度考えてみようではないか

これはもちろん数式の話ではない。いつの頃からかははっきりと覚えていないが、映画館での封切りが二本立てから一本立てになり、それと同時にまるで判で押したかのように上映時間が二時間となってしまった邦画の話である。入場料金はそのまま、もしくは値上げしたにもかかわらず、映画館での滞在時間は三分の二になってしまった。しかし本質的な問題はそこではない。30分間の尺の延長が、映画の質に繋がっていないことである。

その昔、二本立てのプログラムは相互補完をする形で見事に組まれていた。例えば山口百恵の「霧の旗」には、「惑星大戦争」。松田聖子の「野菊の墓」には、「吼えろ鉄拳」。アイドルを目的で観に行ったつもりが、むしろ併映作を楽しんでしまうような絶妙なバランスであった。当時の映画人達は、90分という会社が定めた厳しい時間の制約の中で、あるいは制約を逆手にとって、実に密度の濃い映画的愉楽に満ち溢れた作品を作り続けてきた。

名画座で昔の邦画を観終わると、その上映時間の割にはぐったりすることがある。これは嫌な疲労感ではない。映画の文法で、映画の文体できちんと撮られた作品は、心地よい緊張感を観る者に与える。そしてこれこそがまさしく映画を観る喜びでもある。同じことは残念ながら最近スクリーンを闊歩するTVドラマ出身の監督では体験し得ない。すかすかの2時間の映画は、正しく作られた1時間30分の映画よりも短く感じられる。そして後には何も残らない。昔の二本立ての時代が懐かしくなる。決して意図的ではなく思いつくままに並べてみるが、例えば「アマルフィ 女神の報酬」や「花より男子F」それに「麒麟の翼」等は120分を超える上映時間は長すぎる。90分に収めるべきであった。

私は現在の一本立て上映も、120分の尺も否定しているわけではない。その長さが絶対に必要であるとの強い意志が感じられない映画が多いことを嘆いているだけなのである。私は1.5x2>2.0x1という簡単な算数をひっくり返してくれるような、一本立てでも十分に満足する、いやむしろこの一本をわざわざ映画館まで観に来たのだと思えるような邦画が増えることを願ってやまないのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魔笛

Author:魔笛
大好きなものを綴った日記です

映画:ハリウッド映画からピンク映画まで
本:ジャンルを問わず小説が中心
食べ物:フランス料理とイタリア料理が好物
旅行:なかなか行けませんが欧州とアジアが好き

大好きなものを語る場合、時として辛口になることもありますが、愛情の裏返しということでご容赦下さい。また文中敬称略であることもご勘弁願います

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。