スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狙いうち 山本リンダ (邦楽)

自分の小遣いで最初に買った文庫本が江戸川乱歩の「人間豹」であったことは前にも書いたが、記憶をたどって見る限り小遣いで初めて購入したレコードは山本リンダの「狙いうち」であったように思う。当時はもちろんCDと言われる物があるはずもなく、いわゆるドーナツ盤と呼ばれる真ん中に穴が開いたシングルレコードであった。ある日父がステレオを買うと突然言い出して、新しい物が決して嫌いではなかった母も特に反対することはなく、月賦で購入したステレオが家に来ることになったのだが、父が買ったのが小柳ルミ子の「瀬戸の花嫁」や天地真理の「恋する夏の日」であったのに対して、なぜ私が山本リンダの「狙いうち」を、決して多いとは言えなかった大切な小遣いで買った一枚目に選んだのかについては、当時の小学校のクラスで一緒だった個性的な女の子の影響かもしれないと今になって思う。その子の家に遊びに行った時に聞かせてくれたのが、山本リンダだったのである。私は彼女とは別の中学校へ行ってしまい、その後現在に至るまで会うことはないのだが、きっと好意を抱いていたのかもしれない。興味がある人が興味のある物には、興味を持つということなのだ。

購入動機にいささか面映い気持ちがあったのか、それとも曲を聴いた母の眉をしかめた顔に子供心にこれは親の前で聴いてはいけないという気持ちが働いたのか、せっかく買った「狙いうち」であるにもかかわらず親のいない時にこっそりと取り出して一人で聴いてみる程度でいつの間にか、ステレオのラックの奥に隠すように入れられてターンテーブルに載せられることもだんだんと少なくなって行き、それに併せて私の関心からも遠ざかって行くことになる。私の関心はビ-トルズを含めてロック音楽へと向けられるようになって行った。

次に山本リンダの曲に触れたのは随分と時間が経ってからで、通っていた大学の文化祭で友人が所属していた音楽サークルのコンサートを聴きに行った時のことである。どうしても来てくれと言われて行ったのだが、肝腎の演奏はは友人のバンドを含めて大学の同好会のレベルを一歩も出ることはなく、途中からはあと何組残っているかと終演時間だけが気になっていたのだが、最後の登場したバンドは素人目にも他とは比較にならないほど演奏技術、歌唱、見せ方が卓越しており、私も含めて会場にいた人間をあっという間に一つにしてしまった。そのバンドが途中に演奏した曲が独特にアレンジされた山本リンダであった。その巧みな構成と高度なパフォーマンスに驚くと同時に、私は久しぶりに山本リンダを聴いた。その時私に再び山本リンダを会わせてくれたバンドこそ、目黒のライブハウス「鹿鳴館」などで活躍しておりメジャーデビューを控えていた「米米CLUB」である。

子供たちはカラオケが大好きで、特に下の子はポケモンやドラえもんの主題歌を含めていろいろな歌を上手に歌う。私もビールを飲んでいると対抗心が出てきて負けるものかと声を張り上げるのだが、時々山本リンダの歌を入れてしまうことがある。それは「どうにもとまらない」であったり「じんじんさせて」であったりするのだが、やはり「ウララ ウララ」で始まる「狙いうち」は何かが違う。自分でも不思議であるが、「狙いうち」を聴いていてあるいは歌っていて蘇ってくるのは、大学のゼミで一緒だった仲間のことではなく、また小学校で同じクラスだったあの女の子の顔でもなく、家に突然来たステレオを前にレコードを嬉しそうに聴いていた両親、特に父のことだ。居間に置かれていたステレオはもう随分と前に処分された。ひょっとしたら父が買った物を含めてレコードだけでも残っているのではないかと、母、父が亡くなった後に探してみたがどこにも無かった。いつも間にか私の「狙いうち」も含めて捨ててしまったらしい。私はこれからもカラオケに行けば、子供たちに訝しがられながらも「狙いうち」を時々歌うだろう。だがその意味を伝えるのは、もう少し時間が経ってからでもいいのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

会社の呑み会などで歌うとウケますかねぇ?
すべりますかね?
お子さんのいぶかしげな顔も見てみたいです(笑)。

「イメチェン」という言葉は、
たしかこの人のせいで生まれたのではなかったかと思います。

デビュー当時の「こまっちゃうナ」は、
踊りも歌もめっちゃカッコイイですよ。
よかったらどうぞ↓

https://www.youtube.com/watch?v=7lL3ozqVvfY

とても楽しく、読ませていただきました。
ありがとうございました。

Re: No title

> つかりこ様

コメントありがとうございます。まだ子供たちは聞きなれない歌を熱唱する「お父さん」に引いていますが、呑み会であれば大丈夫ではないでしょうか(と無責任に勧めておきます)

リンクありがとうございました。「こまっちゃうナ」を久しぶりに聴いてみて「狙いうち」との違いに改めて驚きました。遠藤実の作詞・作曲なんですね。知らなかったです。何か感動しました。

今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

魔笛

Author:魔笛
大好きなものを綴った日記です

映画:ハリウッド映画からピンク映画まで
本:ジャンルを問わず小説が中心
食べ物:フランス料理とイタリア料理が好物
旅行:なかなか行けませんが欧州とアジアが好き

大好きなものを語る場合、時として辛口になることもありますが、愛情の裏返しということでご容赦下さい。また文中敬称略であることもご勘弁願います

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。